花嫁プレゼント 

結婚とは人生の節目であり、花嫁は喜びに満ち溢れながらも、いろんな感情を持ち一歩を踏み出していきます。式の当日は、カスタムメイドの花嫁プレゼントを大切な友人、知人の特別な日のために用意して結婚をお祝いしましょう。

新婦への特別なプレゼント

結婚とは、法律上の夫婦になることを意味しますが、非常に個人的な決定です。 その瞬間から、パートナーに対して人生を捧げる決断します。 友人や同僚の花嫁プレゼントで悩まれている方は、オーダーメイドの他では手にすることができない特別なアイテムはいかがでしょうか。

シェフか聖者か?

「bride(花嫁)」のはっきりとした語源は不明ですが、起源については2つの異なる説があり、各々の説は大きく異なることはありません。 「bride(花嫁)」という用語は、おそらく古英語の単語「bryd」に由来すると考えられています。 「bryd」はゲルマン人の「brũ」に由来します。 これは、文字通り醸造、調理、または出汁を取ることを意味します。 この作業は、息子の妻の役割でした。

アイルランドでは「bride(花嫁)」という言葉は、守護聖人の一人であるキルデアの聖ブリギッドの名前から由来されているといわれています。 彼女は寛大で貧者へ常に施しを与えていました。 聖ブリギッドに関連する多くの奇跡は女性に貢献され、癒しや家事に最も関連しています。

最高のドレスを着る

欧米では花嫁は、結婚式の日に特別に用意されたドレスを着用します。 ドレスは白が伝統的で、他の用途では白はあまり着用しません。ただしこの色に関しては、一概には言えません。 19世紀前半から花嫁は色に関係なく、最高のドレスを着用していました。 特に裕福な女性は、自分の好きな色で結婚式のために新しいドレスを注文していました。 そして、このドレスを結婚式に初めて着用します。

ホワイトウェディング

白いウェディングドレスが普及したのは、19世紀のイギリス女王ヴィクトリアの結婚式がきっかけでした。 20世紀初頭、白のウェディングドレスは初婚女性の象徴で多くの場合、富と権力を表していました。 現代では花嫁は結婚回数に関わらず、白または類似の色(アイボリーまたはクリーム)を着用します。

ドレスのカラー

最近では欧米諸国では白いドレスより、カラフルなものが人気です。 民族衣装を着用する国もあります。 韓国や中国では喪の装いが白色のため、白いドレスは結婚式ではめったに着用されることがありません。活力と健康の赤色が好まれます。 色に関係なく、ブライダル衣装は通常、刺繍やビーズの装飾を施します。

サムシングオールド(何か古いもの) 、サムシングニュー(何か新しいもの )

「サムシングフォー(Something four)」は、花嫁の幸せを願う4つのアイテムのことです。「サムシングオールド(何か古いもの)」、「サムシングニュー(何か新しいもの)」、「サムシングボロー(何か借りたもの)」、「サムシングブルー(何か青いもの)」、そして靴の中に6ペンス銀貨をしのばせることで一生お金に困らないという縁起担ぎです。

古いものは、先祖から受け継がれてきた家族の絆、伝統などの象徴で、新しいものは、未来への希望を象徴するものです。青は幸せを呼ぶ色とされ、借りたアイテムは、花嫁の結婚に幸運をもたらすとされ、すでに結婚して幸せになった友人などから何かを借ります。6ペンス銀貨は、花嫁の父親が靴の中にいれ、幸運を意味し、結婚の繁栄を祈りました。時間が経つと4つのアイテムは異なる意味を持ちますが、何か古いものは将来への繁栄、新しいものは、継続性を意味すると言われています。借りたものと青いものは、それぞれ借りた幸福と忠実さを象徴しています。

邪視に夕日が沈む

ビクトリア朝のランカシャーでは、古いものと青いものが花嫁を邪視から守ると言われていました。 悪意を持って相手を睨みつけると、花嫁に呪いをかけるとされてました。 邪視は彼女を不妊にする可能性があるとされ、 これを避けるためにすでに子供がいた女性の下着を借りました。 このことは花嫁を守る2つの意味を持ちます。 第1はすでに妊娠している花嫁が邪視の呪いをさけることができる。 もう一つは、既に子供たちに恵まれている人から花嫁が子宝に恵まれるようにとの願いが込められています。

新婦プレゼントをオーダーメイド

花嫁のために、何か新しいもの、何かブルーのもの、何か違ったものを贈りませんか。写真ギフトは様々なアイテムをご用意しております。どんなアイテムを選ばれても、全ては花嫁のために作られた特別な贈り物になります。